ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

タッチング

 

タッチングとは、その名の通り犬の全身をくまなくタッチしていくしつけのテクニックの一つです。

 

犬は触ってもらって気持ちのいいところは、喜んで触らせますが、敏感な部分や触ってほしくない部分を触られると嫌がって噛みつくこともあります。

 

これをなくすために、子犬のころからタッチングでどこを触っても嫌がらないようにしていくのです。

 

上手にタッチングができるようになると、耳掃除や爪切りなども嫌がらずにできるようになります。

 

できれば、タッチングはマズルコントロールとホールドスティールが上手にできるようになってから行うのがいいとされていますので、まずはマズルコントロールとホールドスティールを先に覚えておきましょう。

 

また、タッチングはいきなり敏感な脇腹やももの付け根から始めるのではなく、触って気持ちいい顔をする胸やお腹から始めていき、少しずつ敏感な部分へ移動していきます。

 

私はこのタッチングという方法を知らずに、毎日ワンコに触っているうちに自然とできていたようです。

 

犬バカもたまにはいいことするんですね。(笑)

 

なので今では、ワンコの方から「触ってちょうだい!」とお腹を出して待っているくらいです。

 

鼻、耳、肉キュウ、脇、太ももの内側を触っても全く嫌がらずに気持ちよさそうにしています。

 

なので一応、信頼関係は築けていると思っています。

 

毎日少しずつ行えばきっと嫌がらずに触らせてくれるようになるので、焦らずじっくり頑張ってみてくださいね。