ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ホールドスティル

 

ホールドスティルは、あまり聞きなれない言葉なので何のことかわからないという人も多いと思います。

 

私も初めて聞いた時は何のことかさっぱりわかりませんでした(笑)

 

まずは、ホールドスティルについて説明していきましょう。

 

子犬を抱っこする時に、自分の膝の上で前を向かせて人間が何かに寄りかかって座っているような姿勢にします。

 

しっかりと体を膝と片方の腕で固定して安定させてあげます。

 

次に背中やお腹、胸をゆっくりとなでてあげます。

 

これをホールドスティルと呼んでいます。

 

子犬のころからどこを触っても嫌がらないようにしていくしつけの一つの方法です。

 

子犬だけでなく、犬の抱き方にも正しい抱き方があります。

 

不安定な抱き方では犬も不安で落ち着かず、なんとか離れようともがきます。

 

誤って落下させてしまったり、落としてしまう事で怪我をさせてしまう事も考えられますので、抱くことを怖がらせないようにすることも大切ですね。

 

ホールドスティルでしっかりと支えてあげることで、抱かれても怖くないという事を理解させていきます。

 

子犬のころからやっておけば、成犬になっても膝の上で抱っこされるのが好きな子になるので、抱いたら暴れるという事はなくなります。

 

後ろから優しく抱っこしてあげることで、ワンちゃんは安心できます。

 

ホールドスティルは、ワンちゃんと信頼関係を築く上でも大切なしつけの一つなので、必ず行いましょう。