ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

マズルコントロール

 

マズルコントロールというのは、犬のマズル(口元)のことを言います。

 

子犬の頃からマズルを手で押さえても嫌がらないようにしつけていくことが、マズルコントロールの基本です。

 

甘噛みをしたり、言う事を聞かない時に、マズルを抑えて軽く振ることでこれをしたらダメなんだという事を覚えさせていきます。

 

最初は嫌がってどうにかして手を振り払おうとしますが、飼い主さんがここで簡単に手を離してしまってはいけません。

 

どんなに嫌がっても、鳴いても離さずにおとなしくなるまで我慢してください。

 

おとなしくなったらそっと手を離し、お利口にできたら褒めてあげます。

 

でも、子犬相手に馬鹿力で抑えてしまっては危険な場合もあるので、力は適度に加減してくださいね。

 

マズルコントロールは犬と飼い主との信頼関係を築くためにも大切なステップになります。

 

信頼関係がない場合にマズルコントロールをしようとしても、まず口元に触らせないように必死で抵抗して、時には噛みつくこともあるでしょう。

 

子犬のうちにしっかりとマズルコントロールしていきましょう。

 

マズルコントロールは何も悪いことをしていないのに、むやみにしてはいけません。

 

これをしてしまうとワンちゃんは飼い主さんに不信感を覚えて警戒してしまいます。

 

信頼関係を築くどころではなくなってしまうので、マズルコントロールのタイミングも大切だという事を覚えておきましょう。