ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

拾い食いのしつけ

 

拾い食いのしつけは大切なしつけなので必ず行いましょう。

 

好奇心旺盛なダックスは目に入ったものは、確認せずにはいられないところがあります。

 

私も子犬の頃から我が家のワンコ達には拾い食いをさせないように徹底してきました。

 

これを上手に行うためには、四六時中見張っているのが一番なのですが、なかなかそういうわけにもいきませんね。

 

床に落ちている物が犬が食べても安心できるものならいいでしょう。

 

でも拾い食いのクセが付いている子の場合、何でもかんでも飲み込んでしまいます。

 

これが、「小さい電池だったら?」、「安全ピンだったら?」、「ボタンだったら?」、飲み込んだらとても危険なものですし、時には命にかかわることだってあるかもしれません。

 

「拾い食い=危険な事」という事を飼い主さんも理解することが大切ですね。

 

家の中ならば、まず床に物を置かない、食べ物をこぼしたりしても食べないようにすぐにとりましょう。

 

床に落ちているものを食べようとしたら、ダメ、イケナイなどすぐに指示を出し取り上げましょう。

 

拾い食いのしつけは、拾い食いできる環境をつくらないという事も大切です。

 

もしも何か飲み込んで取り返しのつかないことになったら・・・悪いのはワンちゃんではなく、そういう環境を作った飼い主さんです。

 

お散歩に行った時には常に注意しておきましょう。

 

道路や草むらには何が落ちているかわかりません。

 

もしもお散歩中に拾い食いをしようとしたら、その瞬間に強くリードを引っ張り刺激を与えます。

 

拾い食いをしようとしたら、嫌な事があると学習させればいいのです。

 

これは何度も根気よく繰り返して覚えていくことなので、飼い主さんもできるだけ散歩中はダラーンとリードを伸ばしたまま歩くのではなく、いつでもリードをコントロールできるようにしておきましょう。

 

リードを引っ張っても拾い食いをせず我慢出来たら褒めてあげることも大切です。

 

拾い食いのしつけも根気よく続けていきましょう。