ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

夜鳴きのしつけ

 

夜鳴きのしつけは子犬を家族として迎えたら、必ず通らなくてはいけない道だと思っておきましょう。

 

中には肝っ玉のすわった子犬もいて、全く夜鳴きもせず、グーグーといびきをかいて寝ているお利口さんもいます。

 

でも、これは本当に珍しいケースで、大抵は最初の数日間、母犬を恋しがり夜鳴きをします。

 

夜鳴き対策について考えていきましょう。

 

まずは、夜鳴きをしてもそのたびに抱き上げたりしてはいけません。

 

各家庭で飼い方にも差があるので、寂しい思いをさせたくないので、一緒に寝るというのならそれでもいいでしょう。

 

でも、一緒に寝ないでワンちゃんはハウスで寝かせると決めたのなら、夜鳴きをしても無視するしかありません。

 

子犬の性格によっては、寂しい思いをすることでストレスとなり体調を崩してしまう事もあります。

 

そういう場合は、サークルを寝室に移動させて慣れるまで待つか、子犬のそばに母犬の体温と同じ40度くらいのお湯を入れたペットボトルなどをタオルにくるみ入れてあげてください。

 

母犬の温もりを思い出し安心して眠ってくれます。

 

また、時計の秒針の音が母犬の心臓の音に近いことから、近くに時計を置くという方法もあります。

 

この他には、CDをかけたり、ラジオをつけたりして孤独感を紛らわす方法もあります。

 

子犬も次第に環境に順応してくれますので、最初の数日間は我慢してあげてください。

 

夜鳴きのしつけも最初が肝心です。

 

甘やかすか、無視するかそれは飼い主さん次第ですので頑張ってくださいね。