ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

無駄吠えのしつけ

 

ダックスはとにかくよく吠えます。

 

ダックスに限らずワンちゃんは言葉を話せませんので、吠えることで意思表示をすることがあります。

 

家族以外の誰かが来た場合、警戒して吠えて知らせることもあれば、遊んでほしい、お腹がすいたなどの要求で吠えることもあります。

 

番犬にはもってこいなのですが、一軒家で周りに家がないのならともかく、集合住宅や住宅街の場合はできるだけ無駄吠えはやめさせておきたいですね。

 

まずはなぜ吠えるのかその原因を探りましょう。

 

警戒して吠えている場合、宅配便や郵便配達の人、出前をとたっ時もとにかく知らない人に向かって吠えます。

 

この時、大きな音がする物を使うという方法もありますが、これを誰かがやっているところを見せてはいけないので家族の協力も必要になります。

 

それよりも、吠える前にマテやイケナイとコマンドを出しておき、先手を打っておきます。

 

そして、吠えずにいられたら思いっきり褒めてあげましょう。

 

吠えずにいたら褒めてもらえるとわかれば、次第に無駄吠えも少なくなっていきます。

 

よく、犬より大きな声を張り上げて「うるさい!静かに!」と叱る飼い主さんがいますね。

 

これは逆効果になるので注意しましょう。

 

ワンちゃんは飼い主さんも一緒になって騒いでいるのを応援してくれていると勘違いすることがあり、余計に吠えるようになってしまいます。

 

無駄吠えに対して叱る時は、短く簡潔に静かにダメでいいのです。

 

遊びや何かを要求して吠えている時は、無視することが一番効果的です。

 

吠えても効果がないという事を覚えさせましょう。

 

無駄吠えのしつけは根気が必要なので、時には挫折してしまう事もあります。

 

そういう時はしつけ教室に通うという方法もあるので、自分に合った方法を選んでみてくださいね。