ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

甘噛みのしつけ

 

甘噛みのしつけは、子犬の時に徹底してしつけましょう。

 

子犬が噛むのは歯が生えてくるのがかゆいから仕方ないと甘噛を許していると、そのうち気に入らないことがあると噛みついたり、悪気はなくても遊んでいてつい興奮して本気で噛んでしまう事もあります。

 

犬の顎の力は私たちが想像している以上に強いものです。

 

その気になれば指や手を噛みちぎることだってできるのですから、甘噛みのしつけはきちんと行いましょう。

 

子犬はどうしても、目に入る物はとりあえず噛んで確かめようとします。

 

これは人間の赤ちゃんがなんでも口に入れてしまうのと同じような行動なんですね。

 

だから、遊んでくれる飼い主さんの手もとりあえず噛んでみて、それが何なのか確認しようとします。

 

まだ歯が生えそろっていない時は噛まれても甘噛みなのでそれほど痛くありませんが、この時から人の手や足を噛んではいけないという事を覚えさせることが大切です。

 

甘噛みのしつけについては色々な方法がありますが、私が実践した方法を紹介しておきますね。

 

まず、遊んでいるときやスキンシップの時に、手や足を噛もうとしたら「あっ!」や「痛い!」と大きな声を出して驚かせます。

 

一瞬びっくりして噛むのをやめるので、そのまま様子を見ます。

 

何度も甘噛みをしようとするたびにこれを繰り返します。

 

人の手や足を噛むと遊んでもらえなくなったり、触ってもらえないんだという事を覚えてくれます。

 

たまに大きな声でもやめない子もいますので、そいういう場合は、ダメやイケナイの言葉でやめさせ、甘噛みしている手を口の奥に突っ込んでみましょう。

 

ちょっとかわいそうな気もしますが、この時オエっとなるので、噛むのを止めます。

 

これを子犬のうちに徹底させておくと、噛んだら何か嫌な事があると覚えさせることができます。

 

するとそのうち人の手や足を噛まなくなります。