ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

お散歩のしつけ

 

お散歩は、2回ないし3回目のワクチン接種が済んで最低でも1週間は待ってからにしましょう。

 

ワクチンは接種してすぐに効果がでるわけではありませんからね。

 

さて、お散歩の前にカラーやリードに慣れさせる練習をしておきましょう。

 

いきなり慣れないカラーやリードをつけて外に出しても、見るもの聞くものすべて初めての子犬にとってはストレス以外の何物でもありません。

 

まずはお家の中でカラーを付けて、それに慣れたら次はリードをつけて少し家の中を歩いてみましょう。

 

極端に嫌がったら無理にひっぱったりせず、まずはカラーに慣れさせてあげてくださいね。

 

どうしてもカラーを嫌がる時は、ハーネスなども試してみるといいかもしれません。

 

ハーネスならお散歩の時だけつけるので、お散歩が楽しいことだとわかれば、「ハーネスを見ただけでお散歩に行ける!」とわかるので、付けるのもそれほど嫌がらないと思います。

 

さて、ワクチン接種から1週間経過したら、いよいよお散歩デビューです。

 

最初はいきなり長距離は無理なので、外の環境に慣らすことから始めましょう。

 

距離はほんの数十メートルでもかまいません。

 

ワンちゃんが上手に歩けたら褒めてあげましょう。

 

少しずつ、リードをコントロールしてワンちゃんが先に行かないようにしつけていくことも大切です。

 

これはお家の中で練習もできるので、横について歩かせることを練習しておくといいでしょう。

 

名前を呼び、アイコンタクトを取りながらリードの長さを調節したり、飛び出しそうになったら軽くリードを引き制止させます。

 

でも、子犬ですから力加減はしてくださいね。

 

大型犬並みに引っ張ってしまっては怪我をさせる原因にもなります。

 

リードを上手にコントロールすればお散歩も楽にできますので頑張ってみてくださいね。