ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

トイレのしつけ

 

トイレのしつけは、しつけの中でも一番難しいかもしれません。

 

できる子はあっけないほど簡単にトイレを覚えてくれますが、覚えが悪い子は成犬になってもトイレを失敗したりします。

 

トイレのしつけに関しては根気よく続けるのが一番ですね。

 

トイレを設置したらその周りに組み立て式のサークルなどで囲いを作るとワンちゃんもトイレがどこなのかわかりやすくなるのでオススメです。

 

最初にサークル内でトイレをさせるのも一つの方法です。

 

トイレができたら褒めてあげてから外に出してあげましょう。

 

トイレのしつけがしやすいように、おしっこの臭いがするスプレーのようなものもあります。

 

あらかじめペットシーツにスプレーしておいて、トイレはここだという事を覚えさせるためのものです。

 

ワンちゃんは寝起きと食後にトイレをすることが多いので、目が覚めて起きてきたら、ごはんが終わったらトイレに連れて行ってあげるのもいいですね。

 

上手にできたら褒めてあげます。

 

これを繰り返していくうちに自分でトイレに行くようになってきます。

 

ただ、トイレに行く意思を見せても子犬の場合は間に合わない事もあります。

 

失敗しても叱ってはいけません。

 

叱ってしまうと排泄をすること自体を悪いことだと勘違いして隠れてするようになるからです。

 

最初はどうしてもうまくいかないと思うので、サークルの中にトイレとベッドを作ってあげます。

 

ごはんもサークルの中で食べさせます。

 

食事とトイレを同じサークル内にするのは良くないという意見もありますが、この方法だと失敗も少ないような気がします。

 

きちんとトイレができるようになったら、サークルの中をトイレにして、ベッドやごはんの場所を変えていけばいいのです。

 

トイレをきちんと覚えたら、サークルの扉を開けておけば自分でサークルの中に入りトイレをするようになります。

 

コツは、上手にできたらとにかく褒めてあげてください。

 

万が一失敗してもいいように、トイレの周囲には防水シートを敷くなどの対策も取っておくといいですよ。