ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

マテ、コイ、ツイテのしつけ

 

犬のしつけに関しては色々な意見や考え方があると思います。

 

ここでは私なりのしつけについての考え方でお話をしていきますね。

 

まず、マテはどんな場合にでも応用できるので必ず必要になるしつけです。

 

その他のしつけをする上でも、とても大切な基本中の基本なので頑張って覚えさせてください。

 

ごはんやおやつ、外で遊ぶ時にもまずマテをさせてから次の行動に移ります。

 

私は子犬の頃、離乳食からカリカリの硬いフードに切り替えていく生後2ヶ月くらいからマテを教えていきました。

 

子犬の頃はごはんを目の前にすると、食器に顔を突っ込んで食べようとしますね。

 

この時、軽く体を押さえて「マテ」といい、しばらくしたらヨシといってから食べさせるようにしました。

 

マテと言われたら、その場でお座りをして待てるようになってくるので、次は外へ出て、リードを使い「コイ」を教えていきます。

 

座らせたら、マテといいながら数メートル離れコイ、と同時にリードを軽く引き自分のところまで来させます。

 

そして、上手にできたら褒めます。

 

これを繰り返してみてください。

 

次は、ツイテですが、リードを短く持ち、ワンちゃんを自分の横に座らせます。

 

右側に付かせるのが一般的ですが、利き手もあるので飼い主さんのやりやすい方向でいいと思います。

 

ちなみに私は左側の方がやりやすいので左にしました。

 

ツイテができるようになると、お散歩中に急に道路に飛び出したり、他の犬を追いまわそうとした時にも静かに落ち着かせることができるので、覚えておいた方がいいと思います。

 

私は、ツイテを横に座らせてオスワリとしてしつけたので、どんな状況でもオスワリと言ったら座れるようにしました。

 

コマンドを出す時は、アイコンタクトも重要になってきます。

 

しっかりと目を見て指示を出し、ワンちゃんが上手にできたら褒めちぎってあげましょう。

 

褒めることをたくさんしていると、おやつで気を引かなくてもできるはずです。

 

根気よく、焦らずマイペースでマテ、コイ、ツイテのしつけをしていってくださいね。