ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

スキンシップの重要性

 

コミュニケーションの一つでもある、スキンシップはしつけをする上でも大切な事です。

 

子犬の頃から触られることに慣れていないと、成犬になってからも触られるのを嫌がって噛みついたり威嚇することがあります。

 

スキンシップは子犬の頃から毎日実践していきましょう。

 

まず、遊びながらでもいいでの体全体を触っていきます。

 

体全体をさわって嫌がらないようでしたら、あおむけにします。

 

あおむけは服従を意味します。

 

あおむけにして、お腹をさわります。

 

次に肉キュウや太ももをさわります。

 

中には肉キュウや太ももを触られるのを嫌がる子もいますが、そういう時には無理に抑えつけて触るのではなく、少しずつ優しくゆっくりと時間をかけて触らせるようになるまで根気よく続けます。

 

触られても大丈夫なんだという事がわかれば、どこを触っても嫌がらないようになってきます。

 

子犬の頃からスキンシップを取っておくと、爪切りや歯磨き、耳掃除などのケアも楽になります。

 

私も我が家のワンコ達とは子犬の頃から毎日スキンシップを取っています。

 

触ってくれと私の前に来てゴロンとお腹を出して尻尾を振っていることもあります。

 

忙しい時や手がふさがっている時は、足を使う事もありますが、触ってあげるとそのうち気持ちよくなって寝てくれるので、おとなしくさせるには効果的なんです。(笑)

 

毎日スキンシップを取っていると、今日はお腹が張っているなとか、ちょっと熱っぽいなとか、体の変化にも気づきます。

 

もしも異変があった時にはすぐに気づいてあげられるので、スキンシップの重要性については、あなたにも知っておいて欲しいと思います。

 

なでてあげると気持ちよさそうに目を細めてくれる顔は何ともいえず可愛いものです。

 

あなたも愛犬と毎日スキンシップしてくださいね。