ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

おやつやおもちゃを使わない

 

おやつやおもちゃで釣ってしまうしつけでは、もらえて当たり前になってしまうので、せっかく覚えてもおやつがもらえないと言うことを効かなくなる事もあります。

 

しつけをする時は、アイコンタクトと簡潔な言葉でしていくのが一番いいですね。

 

しかし、おもちゃでまったく遊ばないのも寂しいものです。

 

おもちゃで釣るのではなく、遊びを通じて色々な事を教えていくのはいいと思います。

 

例えば、専用のおもちゃがあれば、退屈しのぎにテーブルやイスの足をかじったり、コードをかじってしまう事もなくなります。

 

飼い主さんと一緒におもちゃで遊ぶことは楽しい事なんだと覚えさせるのはアリだと思います。

 

しつけの時は、できたらおやつをあげるのではなく褒めてあげましょう。

 

飼い主さんが喜び褒めてくれるとわかれば、ワンちゃんも自然と覚えていってくれます。

 

これをすれば飼い主さんに褒めてもらえると学べば褒めてほしい一心で覚えも早くなります。

 

ワンちゃんを褒めた時の得意げで嬉しそうな顔を思い浮かべてみてください。

 

想像しただけでも思わず笑顔になってしまいますね。

 

おやつやおもちゃを使わないしつけはちょっと難しい事のようにも思えますが、最初から使わなければいいのです。

 

おやつやおもちゃを使わなくても、できたら褒めるを繰り返していってください。

 

少し根気は必要ですが、後々これで良かったと思える日が来ると思いますので頑張りましょう。