ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

失敗しても叱らない

 

失敗して叱ると言えば大抵はトイレのしつけではないでしょうか。

 

子犬の場合はそれまで育った環境によっても、トイレが上手にできる子もいれば、全くできない子もいます。

 

トイレのしつけは本当に難しいので、頭を抱えている飼い主さんも多いかもしれませんね。

 

失敗するたびに叱っていては、排泄をすること自体を悪いことと思いこみ、隠れて見えない場所でするようになってしまう事もあります。

 

トイレのしつけの場合は、特に失敗しても叱らない事が大切です。

 

中には叱られる事をすれば飼い主さんの気を引くことができると思い、わざとトイレを失敗することもあるといいます。

 

例えば、全く知らないことを覚えていく段階で、誰にも教えられずに最初から完璧にできることはありませんね。

 

皆少しずつ覚え、時には失敗もしながら学び覚えていきます。

 

ワンちゃんのしつけもこれと同じです。

 

できなくて当たり前と思う事も時には必要なんじゃないかと思います。

 

できなくて当たり前、失敗して当然と思っておくと、失敗しても「あ〜やっぱりね」とそれほど腹も立ちません。

 

トイレの場合は失敗することをある程度予想して、失敗してもいいような環境を作っておけばいいのです。

 

その代わり上手に出来た時は、とにかく褒めて褒めて褒めてください。

 

期待していない分、上手に出来た時は飼い主さんだって嬉しくなってしまうはずです。

 

成功したら一緒に喜び褒めてあげましょう。