ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミ二チュアダックスフンドの平均寿命

 

ミ二チュアダックスフンドの平均寿命は、13年〜15年と言われています。

 

書籍によっては13年〜17年としているものもあるので、一概にはいえないかもしれません。

 

もちろん、これは毎日の生活環境によっても変わってきます。

 

飼い主が健康に注意していれば犬も長生きします。

 

人間も同じですね。

 

不摂生をしていれば病気にもなるし何より本人が辛い思いをしますので、ワンちゃんの健康管理は飼い主がきちんと行いましょう。

 

犬は言葉を話せないので、具合が悪い時はいつもと違うサインを出しています。

 

それを飼い主が気づいてあげることも大切なことですね。

 

何か少しでも異常を感じたらすぐに動物病院に連れて行ってあげてほしいと思います。

 

寿命は個体差がありますが、遺伝や先天性の病気を持っていれば、これより早く天国へ行ってしまうこともあります。

 

例え長生きをしても、私たち人間よりは短い一生です。

 

だからこそ、充実した幸せな一生を送ってほしいと願うばかりです。

 

一応目安としては、小型犬の方が少し長生きする傾向にあります。

 

ミ二チュアダックスフンドの場合は、3歳ですでに人間でいう28歳なのでアラサーです(笑)

 

4歳半ばでアラフォー、8歳ではアラフィフです。

 

12歳を超えてくると犬も高齢者(犬)になるのですね。

 

愛犬が少しでも健康で長生きできるよう、それぞれの年齢にあった生活と食事も考えてあげてくださいね。