ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

犬と信頼関係を築く

 

信頼関係を築くことは、ワンちゃんとこれからの生活を始めるにあたり何よりも大切な事です。

 

人間社会に合わせて生活をしていかなければいけないので、ワンちゃんには我慢をさせてしまう事も多くなります。

 

でも、信頼関係があれば少しくらいワンちゃんだって我慢してくれます。

 

ただ、信頼関係があってもダメです。

 

しつけもできていることが大前提ですね。

 

しつけも信頼関係なしでは成り立ちません。

 

では、どうすれば信頼関係を築く事ができるのでしょうか。

 

信頼関係を築くには、一貫した態度を取るということが必要です。

 

何かが上手にできたらとにかく大げさに、他の人に見られたら恥ずかしいと思うくらい大げさに褒めちぎります。

 

でも、やってはイケナイことをした時は、その場ですぐに叱ります。

 

叱る時は、現行犯で叱ることが鉄則です。

 

後になって思いだしてから叱ってしまうと、「なぜ?」と、叱られた原因がわからずワンちゃんは混乱してしまい、信頼関係も崩壊してしまいます。

 

できるだけ褒めて伸ばす方がしつけもうまくいくような気がします。

 

時には叱ることも必要になるので、メリハリをつけて態度を一貫させていけば上手に信頼関係を築く事ができると思います。

 

わんちゃんの期待を裏切らないという事も大切ですね。

 

毎日決まった時間に決まったことをしているのに、気分でコロコロ予定を変えてしまうのはよくありません。

 

よほどの事情がない限り散歩や遊びの時間は大切にしてあげましょう。

 

アイコンタクトも信頼関係を築く上で大切になります。

 

名前を呼んだら、きちんと飼い主さんの方を見てそばにくるようにできるのも信頼関係あってこそです。

 

上手にできたら褒めてあげてくださいね。