ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミ二チュアダックスフンドのカラー

 

少し前のダックスブームの時にはなかったカラーも今では認められて、実にたくさんのカラーが誕生しています。

 

ダックス人気の理由の一つは、この多種多様なカラーにあるのかもしれません。

 

例えば、ブラックを見てみましょう。

 

ブラックタンは黒と茶色、ブラッククリームは黒とタンよりも薄いベージュ、ブラックソリットは全身真っ黒になります。

 

我が家のダックスは、シルバーダップルとゴールドですが、兄妹犬にはチョコダップルやレッド、ブラックタンがいます。

 

シルバーダップルにも黒が混ざっています。

 

両親の持つキャリアなどで、みんな色違いなんてことも珍しくありません。

 

他には、クリーム、チョコ、ブリンドル、ブルータン、チョコレートクリーム、チョコタン、などがあります。

 

白が入るとパイボールドと名が付き一時期は希少価値も高く、とても高い値がついてましたが、今ではよく見かけるようになりましたね。

 

とてもたくさんカラーがありどれも魅力的ですが、中には交配させてはいけない組み合わせもあります。

 

素人が安易に交配させてしまうと、先天性の障害や病気を持った子が産まれる可能性も高くなるので、絶対にやってはいけないことだと思っています。

 

もちろん、ブリーダーだからといって、安易な交配はあってはならないことです。

 

色々なカラーがあるのは確かに魅力的なことですが、人間の欲や勝手で不幸な犬を増やさないためにも、交配に関しては安易に行わないようにしてください。