ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

急に食事の内容を変えない

 

私たち人間も今まで食べなれないものを急に食べたらお腹がびっくりしてお腹をこわしてしまう事がありますね。

 

これはワンちゃんも同じなんです。

 

子犬を迎え入れてしばらくしてからや、成犬になってからなど年齢に応じてフードの種類を変えていくことになります。

 

色々と調べてこのフードを食べさせてあげたいと思っても、昨日まで違うものを食べていたのに今日からいきなり全部変えてしまっては、ワンちゃんもお腹をこわしてしまいます。

 

たかがフードと思うかもしれませんが、私たち人間が食事を大切に考えるように、ワンちゃんにとっても食事は大切なものという事を理解してください。

 

では食事の内容、つまりフードの種類を変えていく時はどうしたらいいのかを説明していきますね。

 

まず、フードを変える時は、割合を少しずつ変えていくのがベストです。

 

例えば、今までのフードを9割入れたら新しいフードを1割混ぜて、とりあえず様子を見ていきます。

 

特に問題がなければ、8割:2割、7割:3割というように少しずつ様子を見ながら割合を調節して、最後に新しいフードに切り替えていく、というようにしてみてください。

 

この方法なら少しずつ新しいフードにもなじむことができるので、お腹をこわすこともないと思います。

 

ワンちゃんによっては、食べなれたフード以外食べようとしない場合もあります。

 

この時は無理に切り替えようとせず、特に問題ないのなら今までのフードを食べさせてもいいと思います。

 

パピー用のフードから成犬用のフード、年齢に応じたフードに切り替えていく時も同じ方法で試してみてくださいね。