ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

子犬が下痢をした場合

 

子犬が下痢をした場合はいくつか考えられる原因があるので、素人判断が危険な場合もあります。

 

子犬は下痢をすることで、どんどん体力を消耗していきます。

 

下痢をしているのに、その原因を突き止めず食べ続けていれば下痢もひどくなり脱水症状を起こす場合もあります。

 

寄生虫や回虫が原因で下痢をすることもあります。

 

他にはウイルス感染の病気の症状として下痢をする場合があります。

 

嘔吐もあるようなら早急に診察を受けて治療を開始しなければいけません。

 

下痢をしたら、まず動物病院に連れて行き、診察を受け下痢の原因を突き止めましょう。

 

ただの食べ過ぎや、急にフードを変えてしまったことが原因ならば、下痢止めをもらい1日食事の量を最低限にして与えて数日様子を見ていけば、すぐにウンチの状態も良くなると思います。

 

中には成犬になってもフードが体質に合っていないと下痢が続くこともあるので、フードの種類もいくつか試してみましょう。

 

種類を変える時はいきなり全部変えるのではなく、少しずつ割合を変え徐々に変えていきます。

 

人間で考えてみましょう。

 

下痢をした時は絶食をしたり、食べたとしても消化の良いものを少量だけにしますね。

 

子犬でもこれは同じなのでよく覚えておくといいでしょう。

 

ただし、子犬に素人判断で絶食させると低血糖を起こす場合もあるので、動物病院で獣医師の指示を受けてください。