ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

いたずらをされないようにする

 

子犬がいたずらをした時、その状況によっては飼い主の方が悪いこともあると思います。

 

いたずらをされないようにするには、いたずらできない環境を作るという事が大切だと思っています。

 

いたずらをした時は叱ることも大切ですが、なぜいたずらをしたのかという理由や原因も把握しておきましょう。

 

例えば、目の前に子犬の大好きなおやつが入っている袋を置きっぱなしにしておいたとしましょう。

 

子犬は目の前にあれば当然興味を持ちますし、それが何なのか確認しようとしますね。

 

目の前にあるのが大好きなおやつだとわかったら、そのままにしておくはずがありません。

 

おやつ以外にもティッシュの箱を手の届くところに置いておき、気づいたら部屋中にティッシュが散乱していたなんてこともありました。

 

これはティッシュを子犬の手が届くところに置いていた私の責任だと思っています。

 

幸いティッシュペーパーを箱から出すというのが楽しかったらしく、食べたりすることはありませんでしたが、これがもしも犬が食べてしまったら命にかかわる事だったらと思うとゾッとします。

 

それ以降、犬の手が届くところには危険なものは置かないように徹底しました。

 

その代わり遊んでもいいおもちゃは、専用のおもちゃ箱に入れていつでも遊べるようにしています。

 

こうしておくと、遊びたい時に自分でおもちゃを取り出し遊んでくれているので、いたずらもなくなります。

 

おもちゃで遊ぶ楽しさを覚えれば、自然といたずらもしなくなります。

 

いたずらをされないようにするには、飼い主さんがいたずらの原因を作らない、いたずらできないような環境を作るという事が何より大切です。

 

ダックスは頭がいいので悪知恵も働きます。

 

高い所に置いていても、イスやテーブルを使い上まで登っていくこともあるので、近くに足場になるようなものを置かないという事も大切です。