ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

子犬の抱き方

 

ミニチュアダックスの場合は胴が長いので、抱き方を間違えると怪我や病気の原因にもなるので注意が必要です。

 

特に子犬の場合はじっとしていないので、うっかり落として怪我をさせてしまう事も珍しくありません。

 

子犬を抱く時には、注意して正しい抱き方をしてあげてくださいね。

 

犬を持ち上げる時に、首の後ろの皮をつかんだり、前足の脇の部分だけを持って持ち上げている人がいますが、これは正しい持ち上げ方ではありません。

 

ダックスは胴が長いので、ダラーンと後ろ足を垂らした抱き方や持ち上げ方は背骨に負担がかかるという事を覚えておきましょう。

 

子犬の抱き方は、まず、上半身を片方の手でしっかりと支えて、もう片方の手でお尻を支えてあげます。

 

胸の辺りで、両腕で子犬を包み込むようにしっかりと抱きます。

 

もちろん、この時に子犬が変な姿勢を取っていないか確認して、安定しているかも確認しましょう。

 

しっかりと支えて抱っこしてあげると、子犬も安心して動くこともなくなります。

 

しっかりと正しい抱き方をしていると、腕の中で安心して眠ってしまう事もあるんですよ。

 

また、小さいお子さんのいる家庭では、子どもでは子犬が急に動いた時に対処しきれず落として怪我をさせてしまう事もあります。

 

小さいお子さんに抱かせる時は、まずお子さんを座らせてから膝の上で、両方の手で包み込むように抱かせてあげてください。