ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミニチュアダックスフンドを仲介業者から購入する

 

仲介業者といっても、なんだかピンと来ないという人も多いかもしれませんね。

 

最近になって増えているインターネットの通販で子犬を購入するスタイルは、仲介業者から購入するということになります。

 

仲介業者の場合は、全国各地のブリーダーが登録をし、仲介業者に依頼して子犬の情報を掲載することになります。

 

店舗を構えなくても成立するので、その分子犬の価格は安くなるというメリットがあります。

 

全国各地のブリーダーが登録することで、色々な子犬の情報を入手できるのもメリットですね。

 

ただし、あくまでも画像や動画を通じてでしか子犬の情報を確認できないので、実際には自分でブリーダーの元を訪れて確認しなければいけません。

 

この場合、気に入った子犬が近くにいるとは限らないので、遠方の場合は簡単に子犬を見に行くことができないので、少し大変になるデメリットはありますね。

 

しかし、自分の家族に迎え入れる大切な子犬なので、自分の目で確かめてほしいですね。

 

子犬の健康状態を確認せずに購入するのは、何があるかわからないので危険です。

 

ブリーダーに子犬見学の予約を取る必要があるので、ブリーダーの都合に合わせないといけないデメリットはありますが、実際に自分の目で確かめてほしいと思います。

 

安いだけをアピールし、見学を拒否するようなブリーダーは信用できませんので見極めも必要です。

 

仲介業者から購入する場合は、色々なトラブルも多いのでしっかりと確認してください。