ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミニチュアダックスフンドをブリーダーから購入する

 

ミニチュアダックスの子犬をブリーダーから購入する場合は、まず全国各地のミニチュアダックスを扱うブリーダーを自分で探さなければいけません。

 

インターネットや本などで、そのブリーダーのプロフィールを調べて自分がいいと思えるブリーダーを決めたら、まず連絡を取り訪問の申し込みをし、犬舎を見学にいきますね。

 

この場合、気に入ったブリーダーが必ずしも近くにあるとは限らないということですね。

 

少し遠いので車がないと行けない、車がない場合、交通の手段を選ぶのが大変というデメリットはあると思います。

 

でも、実際に母犬と兄妹犬を確認することができ、どんな環境でどんな人によって育てられているのかを知ることができるのはメリットだと思います。

 

ブリーダーの場合はペットショップで購入するよりも多少値段は高くなります。

 

値段が高いデメリットはありますが、より良い子犬を選べるというメリットもあるので、時間をかけて直接足を運ぶだけの価値はあると思います。

 

ただし、ずべてのブリーダーが良いブリーダーであるとは限りません。

 

本当の意味でミニチュアダックスのことを考えたブリーダーを見極めなければいけません。

 

これはとても難しいことなので、まずはミニチュアダックスのことに関して知識を持っておくことも大切ですね。

 

良い子犬が欲しいと考えるのなら自分もそれなりの知識を持ち、予習をしておくことも大切だと思います。

 

ブリーダーで子犬を購入する場合は、母犬と兄妹犬の元で最低2ヶ月は過ごすので、病気になる可能性も低く、兄妹犬と一緒に成長するので社会性もある程度は身についています。

 

母犬を見ることで将来子犬がどんなふうになるのか、想像ができるのもメリットですね。

 

ただし、新しい家族の元で生活を始める時に、母犬や兄妹犬を恋しがり夜鳴きをすることがあります。

 

これに関してはデメリットというより寝不足になることを覚悟しておきましょう。