ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミニチュアダックスフンドをペットショップで購入する

 

まずは、ミニチュアダックスの子犬をペットショップで購入するメリットについて考えてみましょう。

 

ペットショップで子犬を購入する場合は、何時間もかけて遠くのペットショップまで行くのではなく、自宅からそれほど遠くないお店を選んでいくと思います。

 

営業時間内であれば、いつでも自分の都合で行きたい時に行けるという気軽さはありますね。

 

また、直接子犬の様子を見ることができるので、自分の目で見て確かめることができます。

 

お店によって多少条件が変わったり、規則がある場合もありますが、実際に子犬を抱かせてもらえたりできます。

 

ミニチュアダックスの人気絶頂期の時は、人気のカラーや希少価値の高いカラーの子犬は高額な値段が付くこともありましたが、今は金額も下がり比較的お手頃な価格になっています。

 

次にデメリットについて考えてみましょう。

 

ペットショップに引き取られる子犬は、小さい方が可愛いという理由で生後1ヵ月ほどで母犬と引き離されてしまいます。

 

まだ、十分に母親からの愛情と免疫が必要な時期に引き離されるので、抵抗力がなく病気にかかりやすい状態です。

 

寂しさと不安からくるストレスで体調を崩してしまうこともあります。

 

精神的も健康的にも、かなり良くない状態と言えますね。

 

社会性も身につかないうちに一人になるので、飼い主さんが社会性を身につけてあげることが大切です。

 

また、一番成長する時期に大きくなると可愛く見えず、売れないということから、ごはんの量を調節し必要な量を与えないペットショップもあります。

 

本来の健康な子犬は体格差はあっても、コロコロとよく太っているはずです、

 

子犬なのにあばら骨が出て痩せ細り、栄養が足りず毛つやも悪い子犬が多いのは本当に可哀そうなことです。

 

値段が安いというのをメリットであげましたが、これは劣悪なブリーダーによって繁殖した子犬が多いので、何らかの先天性疾患や病気を持っている可能性も高くなります。

 

ペットショップで子犬を購入すると最初の健康診断を指定された動物病院に行けば無料でしてもらえることもありますが、指定外の場合は有料になります。