ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

誤飲誤食を防ぐ

 

誤飲誤食を防ぐことは、とても大切なことなのでよく覚えておきましょう。

 

ミ二チュアダックスフンドはとても好奇心が強く、それは子犬でも同じです。

 

特に子犬の場合は、まだ見るもの全て新しく新鮮な物ばかりなので、目に入る物はとりあえず確かめないと気が済みません。

 

誤飲誤食した場合は、悪いのはワンちゃんではなく、ワンちゃんの目や手の届くところにものを置いた飼い主さんの責任であるということをよく覚えておいてください。

 

誤飲誤食した時に叱られるべきなのは、飼い主さんだと思っています。

 

万が一、誤飲誤食しても無事に出てくるとは限りません。

 

場合によっては、食道に詰まって窒息したり、腸にまで届き腸閉塞を起こすこともあります。

 

小さいものだからといっても場合によっては、お腹を開き取り除かないと命が危険になる物もあります。

 

とにかく床や床から背を伸ばしたら届くようなところに危険なものは置かないということを徹底させるしか、誤飲誤食を防ぐ事はできません。

 

四六時中子犬を見ていることは不可能ですね。

 

ちょっと目を話した隙に・・・なんてこともよくあるケースですので十分に注意しましょう。

 

私の友達の犬でこんなことがありました。

 

洗濯ものをたたんでいた時、電話がかかってきて少しその場を離れたそうです。

 

干した時はあったはずのストッキングがなくなっていて、どんなに探しても出てこなかったとか。

 

その夜ワンちゃんの具合が悪くなり調べてみた結果、ストッキングを食べてしまったみたいです。

 

手術をする前に嘔吐剤を飲ませてそれでも駄目だったら手術しかないということでしたが、無事に吐きだしたそうです。

 

これはとても運がいいケースなので、最悪死んでいたかもしれません。

 

子犬のうちから注意しておけば、成犬になっても誤飲誤食を防ぐ事ができます。

 

誤飲誤食を防ぐのは飼い主さんの責任なので十分注意してくださいね。