ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

夜鳴きをしてもケージから出さない

 

子犬を新しい家族として迎え入れた当日からしばらくは母犬を恋しがり夜鳴きをします。

 

多頭飼いの場合は、他の犬がいてくれるのでそれほど夜鳴きもしませんが、一人ぼっちの場合はどうしても夜鳴きは避けられないと思っておくといいでしょう。

 

この場合は飼い主さんの気持ち次第です。

 

可哀そうなのでつい抱っこしてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

その後もずっと夜鳴きをする度に抱いて寝てあげられるのならそれでもいいと思います。

 

でも、もしも今後ワンちゃんはハウスで別に寝かせると決めているのなら、ここは心を鬼にして夜鳴きをしても無視するしか方法はありません。

 

中には繊細でデリケートな性格の子もいて、夜鳴き、寂しい、不安がストレスとなり体調を崩してしまう場合があります。

 

こういう時は、温かいぬるま湯を入れた容器をタオルにくるみ子犬のそばに置いてあげましょう。

 

母犬の温もりと似ているので、安心して眠ってくれることもあります。

 

また時計の秒針の音が母犬の心臓の音と似ていることで、時計をそばに置いてあげると安心できることもあるようです。

 

どんなに夜鳴きをしても、次第に新しい環境にも順応してきますので数日だけの我慢です。

 

どうしてもサークルに入れておきたいが心配だという場合は、寝る時だけサークルを寝室に移動させてもいいですね。

 

でも、なるべくワンちゃんの居場所は頻繁に動かさない方がいいので、どうしてもという時だけにしておきましょう。