ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

室温に注意する

 

ミ二チュアダックスフンドに限らず、子犬は自分で体温調節がうまくできないので、室温には常に注意をしてあげましょう。

 

寒い冬は暖かく、蒸し暑い夏は室温以外に湿度も考えて室内を快適な状態にしてあげることが大切です。

 

冬に子犬を迎え入れたのであれば、ペット専用のペットヒーターがオススメです。

 

 

どうしても毛布だけでは寒くて風邪をひかせてしまうこともあるので、是非使ってみてください。

 

使い捨てカイロや湯たんぽは、低温やけどの原因になるので使わない方がいいと思います。

 

値段もそれほど高くありませんし、長く使えるのでペットヒーターを用意してあげましょう。

 

夏は涼しく風がある時は窓を開けておくのもいいですね。

 

クーラーをつけている場合は、冷え過ぎないように床に近い温度もチェックしておきましょう。

 

湿気の多い蒸し暑い日は犬も熱中症にかかりやすいので、室温には十分に注意してあげてくださいね。

 

クーラーをつけていても、ハアハアと暑がる場合には少し温度を下げてあげるなど、こまめに犬の様子をチェックすることも大切です。

 

丸まって寝ている時は少し寒いのかもしれませんので、室温を上げてみてください。

 

子犬でも本当に快適な温度の場合は、上を向き短い手足を投げ出して、まさに大の字で寝ています。

 

これは成犬になっても同じなので、犬の様子を見ながら人間の方が合わせてあげることも必要です。