ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミニチュアダックスフンドの子犬を受け取った時に確認すること

 

ミニチュアダックスフンドの子犬を譲り受けるのか、ペットショップなのかブリーダーなのかについても変わってきますが、最低限確認しておきたいことについて見ていきましょう。

 

まず、あまり考えたくないことではありますが、子犬はちょっとした環境の変化にも敏感で体調を崩してしまったりということがあります。

 

中にはすでに何らかの伝染病に感染していて、到着後すぐに死んでしまうということも決して珍しいことではありません。

 

出来ることなら家族の一員として迎えるのですから、元気でいてほしいですが、万が一のための保証について確認しておきましょう。

 

次は、今までどんなご飯を食べてどんな環境で過ごしていたかについて確認しましょう。

 

急にフードを変えてしまうと食べてくれたとしても、お腹をこわして下痢をすることがあります。

 

下痢から体調不良になることもあるので、フードはできるだけ同じものを同じ状態でしばらく食べさせてあげることも大切なので確認しましょう。

 

血統書がいつ届くかについて、大体の時期を前もって確認しておきましょう。

 

普通に家族の一員として暮らすのに血統書はあまり必要ありませんが、一応確認はしておきましょう。

 

関節や骨に異常がないか、食欲や元気はあるか、ウンチの状態、耳や目の周りがキレイかどうかも確認しておきましょう。

 

少しでもおかしいと感じたら、すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

 

動物病院でワクチンを接種すると必ず証明書を発行してもらえますので、今までに何回ワクチンを打っているのか証明書をもらっておきましょう。

 

次のワクチン接種の目安にもなりますね。