ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミ二チュアダックスフンドの血統書

 

ミ二チュアダックスフンドの血統書を最初に見た時に、「Dachshund(ダックスフンド)」としか記載されていないので、「あれ?」と思う人も多いと思います。

 

これは間違いではありません。

 

ダックスには、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの種類がありますね。

 

これらは血統書では全て同じ「Dachshund(ダックスフンド)」という犬種になります。

 

そして、犬種の下に登録番号というのがあり、そこにスタンダードなのか、ミニチュアなのか、カニンヘンなのかというのがアルファベットで記載されています。

 

ミ二チュアダックスフンドの場合は、DHM(ダックスフンド・ミニチュア)というようになります。

 

ちなみにスタンダードならDH、カニンヘンならDHKとなっているはずです。

 

さらに毛の違いは、Lがロングヘアード、Wがワイヤヘアード、Sがスムースヘアードというようになります。

 

初めて血統書を見た時は私も戸惑いましたが、犬種はみな「Dachshund(ダックスフンド)」になっているので慌てなくても大丈夫ですよ。

 

実際のところ血統書は最初に届いた時に見ただけでしたが、先祖の犬をたどりこういう名前でこういう色だったのかと知っておくだけでも面白いので、時間のある時にじっくり見てみてください。

 

まぁ、今はタンスの奥にしまったきりになっていますけどね(笑)

 

普通に家族の一員として暮らしていくのなら、あまり出番のない血統書ですが見方くらいは覚えておくといいですね。