ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミ二チュアダックスフンドの交配

 

ミ二チュアダックスフンドの交配の関しては口を酸っぱくしても何度も言いたい事があります。

 

ミ二チュアダックスフンドは色々なカラーがあり、多彩なカラーも人気の理由になっていますね。

 

でも、中には絶対に掛け合わせてはいけないカラーがあります。

 

多頭飼いしているのなら、なおさら注意が必要ですね。

 

全部同じ性別なら問題ありませんが、人間は家族と思っていても犬は発情期が来れば我を忘れて交配しようとします。

 

兄妹犬でも、親子犬でも避けるべき事です。

 

ヒートの間だけ、完璧にサークルで別室に移すなどの管理ができるのであればいいかもしれません。

 

でも、ヒートを迎えた女の子を目の前にして、男の子に我慢させるのはとても可哀そうなことです。

 

もしも、交配させないのであれば、将来的な病気予防のためにも、避妊手術や去勢手術をしましょう。

 

交配させたいと思っているのなら、まずは自分の犬の血統書から先祖のキャリアやどんな色が入っているのかを確認しましょう。

 

ブリーダーに確認を取れるのなら直接問い合わせて相談してみるのもいいと思います。

 

そして、ダックスの掛け合わせについてしっかりと学んでください。

 

そのうえで交配を行うのであればいいでしょう。

 

妊娠中の母犬は特に注意深く観察して気を配らないといけません。

 

出産は犬にとっても命がけですし、子犬が産まれるまでと、産まれてからも何日も付きっきりで面倒を見なければいけないので、昼夜問わず家にいて犬の面倒を見ることができない人には無理です。

 

カラーに問題がなくても、もしかしたら遺伝性の疾患があるかもしれません。

 

遺伝性の病気は後になって症状が出たりすることが多いので、事前の判断は難しくなります。

 

安易な交配は絶対に避けてください。