ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

車酔いに注意する

 

人間でも車酔いはとても辛いものですね。

 

ワンちゃんの場合も同じで車酔いはとても辛いものだという事を理解してあげましょう。

 

人間ならある程度状況がわかっていますが、ワンちゃんの場合はなんだか見たことがないものに乗ってみたら、ものすごく気分が悪くなって吐いてしまった・・・。

 

このように状況が飲み込めない上に、とても気分も悪いので最悪な気分になってしまうかもしれません。

 

将来ワンちゃんを連れて色々な所に旅行に行きたいと思っているのなら、子犬のうちから少しずつ車に乗せて、車に慣れさせてあげてください。

 

最初はエンジンをかけずに車の中で少しだけ過ごします。

 

次にエンジンをかけ車を走らせずに数分過ごします。

 

※この場合アイドリングになるので場合によってはオススメできません。

 

徐々に車に乗っている時間を長くしていけば、車酔いもしなくなるので根気よく続けてみてください。

 

車に乗ると楽しいことがあると覚えさせるのも一つの方法です。

 

いつもより遠くの公園まで車で出かけてもいいですね。

 

私の経験では、車に乗る時キャリーケースに入れるとどうしても車酔いがひどくなる気がします。

 

車の中で自由にさせたり、ひざの上に抱いていると車酔いもしないので可能であれば抱っこしてあげたり、自由にさせた方が車酔いもしにくいと思います。

 

ワンちゃんも慣れてくれば長時間の車でも移動もそれほど苦痛ではないと思います。

 

もちろん、途中で休憩はとってあげてください。

 

どうしても車に酔ってしまう場合は、無理に連れて行かない方がいい場合もあります。

 

状況に応じて飼い主さんが判断してください。

 

動物病院で酔い止めを処方してもらう方法もありますので、獣医師に相談してみましょう。