ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

爪切り

 

爪切りは注意深くすれば自分でもできることなので、挑戦してみましょう。

 

犬用の爪切りも色々なタイプがあるので、使いやすい物を選んでください。

 

爪切りの仕方がわからない場合は、動物病院やトリマーさんに任せることもできますが、やり方を教えてもらう事もできます。

 

コツさえつかめば意外と簡単なので挑戦してみましょう。

 

爪が白い場合は血管が透き通って見えるので、大体の目安がわかります。

 

ですから、爪切りもそれほど難しくないと思いますし、血を出してしまう失敗もないと思います。

 

でも爪が黒いと失敗も多く、爪切り嫌いになってしまうので注意してくださいね。

 

私はこれで爪切り大嫌いにさせてしまったので、爪を切る時は苦労しています。

 

コツはいきなり多めに切るのではなく、少しずつ切っていくという事です。

 

血管に近付いてくると切った爪の真ん中に丸く血管の名残のようなしるしが見えます。

 

これが見えたらそれ以上切ると血が出てしまうので、それ以上切らないようにします。

 

パキンと一気に切ると血管まで切ってしまう事になるので痛がりますし、なかなか血が止まらないので注意してくださいね。

 

もしも血が出てしまったら止血材を使えばすぐに血も止まります。

 

止血剤は通販などでも手に入れることができすので調べてみましょう。

 

もしも止血材がない場合は人間用の傷ドライで代用できます。

 

傷口を乾かすスプレータイプのものですね。

 

直接爪にスプレーするのではなく、一度自分の指にかけてからパウダーを爪につけていきます。

 

同じ方向にこすっていると血が止まってくるので、焦らずゆっくり爪切りに挑戦してみてくださいね。