ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

尿石症

 

尿石症はミニチュアダックスがかかる可能性のある病気の一つです。

 

膀胱結石とよく似た症状が出ます。

 

石の大きさで多少変わってきますが、要は結石があるために尿が出にくくなってしまいます。

 

結石が膀胱内や尿道を傷つけてしまうと血が出るので真っ赤なおしっこが出たり、おしっこに血が混ざりピンク色になることもあります。

 

いつものおしっこの色と違ったら、尿石症を疑ってみてもいいかもしれません。

 

ですが、素人判断では危険なので、必ず動物病院で診察をうけてくださいね。

 

尿石症の原因は、膀胱炎である場合やホルモン、体質など様々です。

 

場合によっては、腎臓内に結石ができることもあるといいます。

 

また、結石のできやすい体質の場合、食事や飲料水が原因になることもあります。

 

ミネラルウォーターや浄水器がミネラルウォーター仕様になっている場合は、ワンちゃんのために普通の浄水に切り替えてあげましょう。

 

ミネラルが含まれている水が原因になる可能性が高い以上、できるだけその原因を取り除くことも飼い主さんの責任になります。

 

尿石症の治療も、できてしまった石の大きさにより異なります。

 

大きい場合は手術でしか取り除くことができません。

 

石が小さい場合は、結石用の療法食で石がとけることもありますので、獣医師とよく相談して決めてください。

 

どうしても水にこだわりたいのなら、ワンちゃん専用の水にしてもいいですね。