ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

膀胱結石

 

膀胱結石はミニチュアダックスがかかりやすい病気の一つです。

 

説明するまでもないかもしれませんが、病名の通り膀胱に石ができる病気です。

 

人間にもある病気なので、症状もなんとなくわかりますね。

 

血尿もあり、おしっこの色が普通と違ってきます。

 

血が混ざるのでピンク色のおしっこが出ます。

 

1回でおしっこが出切らないためにおしっこの量が減り、回数が増えるという症状もあります。

 

膀胱結石の主な原因は体質であると言われています。

 

膀胱炎が原因で膀胱結石になるケースも多いようですね。

 

膀胱炎の場合は細菌感染なので抗生剤などを投与することですぐに改善されますが、人間同様再発の可能性も高くなるのでおしっこを我慢したり、患部をよく舐めている子は注意しましょう。

 

必ずしもそうとはいえませんが、結石のできやすい体質のワンちゃんはミネラルウォーターも控えた方がいいと思います。

 

人間が飲むミネラルウォーターは、ワンちゃんには必要のないものです。

 

ミネラルウォーターを飲んだからといってすぐに膀胱結石になるとは限りませんが、できやすい体質ならば避けた方がいいという考えでいます。

 

膀胱結石になりやすいワンちゃんには、膀胱結石防止用の療法食もあるので、そういうフードに切り替えてあげてもいいかもしれませんね。

 

療法食は動物病院などで扱っていますので問い合わせてみてください。

 

石の大きさにもよりますが、ごく小さい石なら療法食で石がとけていく場合もあるそうですよ。

 

場合によっては手術も必要になるので、日ごろの食生活も考えてあげましょう。