ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

てんかん

 

てんかんはミニチュアダックスに多い病気の一つです。

 

脳腫瘍や水頭症による症候性のてんかんと、原因がはっきりしていない特発性てんかんに分けられてます。

 

我が家のダックスもてんかん持ちがおり、特発性のてんかんであることがわかっています。

 

症状としては、突然全身を硬直させてけいれんを起こします。

 

大抵の場合、数秒から長くても1分程度で症状は治まります。

 

しかし、てんかんの症状にも個体差があるので、中にはもっと酷く数分間けいれんが続くケースもあります。

 

症候性の場合は原因になっているものに対して治療をしていきます。

 

特発性の場合は、抗てんかん薬を生涯にわたって投与し続けないといけません。

 

幸い我が家のダックスの場合は、症状も軽く発作も1年に1回あるかないかなので薬は使っていません。

 

急激な温度変化や、いたずらをして叱った後にてんかんの発作を起こしたことから、私の場合はその原因を作らないようにしてみました。

 

多い時は2〜3ヶ月に一度発作を起こしていましたが、今では最後の発作がいつだったか覚えていないほどです。

 

参考までに、てんかんの発作を起こす前に、突然吐くことが多かった気がします。

 

その後、フラフラした状態で不安そうにキューンと鳴き、そのまま全身を硬直させてけいれんが始まり、時には失禁することもありました。

 

一度でも似たような症状があったら、てんかんの疑いもあるので病院で相談してみることをオススメします。