ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

糖尿病

 

犬にも糖尿病があり、ミニチュアダックスがかかりやすい病気の一つです。

 

人間と同じように遺伝性のものや肥満が原因で糖尿病になることがあるんですよ。

 

脾臓の機能が低下することで、インスリンの分泌量が極端に減ってしまいます。

 

インスリンは体内の糖分を分解するとても重要な役割を持つ物質なので、必要量に満たないと色々な病気を併発することにもなってしまいます。

 

治療はインスリン注射になりますが、これを生涯続けていかなくてはいけません。

 

症状によって注射の回数も変わってくるので、必ず獣医師の指示のもと行います。

 

糖尿病の見分け方について紹介しておきます。

 

・お水を異常なくらいたくさん飲む
・おしっこの量も増える
・食欲がものすごいのに一向に太らず痩せていく

 

こんな時は、糖尿病の可能性も高いので、すぐに診察を受けてみましょう。

 

糖尿病になりやすいのは中年齢のワンちゃんが多いとか。

 

糖尿病になればそのままにしておくと他の病気との合併症も併発して、時には危険な状態になることも十分考えられます。

 

色んな面から考えても、人間と全く同じですね。

 

糖尿病になってから慌てたり、後悔することのないように日ごろから生活スタイルや食事の管理をしっかりとしてあげるのも飼い主さんの責任ですね。

 

糖尿病がオスに多い病気と言われていますが、稀に発情期のメスで、黄体ホルモンが増えている時に一時的な糖尿病になることがあるとも言われています。

 

参考までに覚えておきましょう。