ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

甲状腺機能低下症

 

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、血液中の甲状腺ホルモンの分泌に障害が出て甲状腺ホルモンが低下する病気です。

 

甲状腺ホルモンの分泌が低下することで、元気がなくなってしまったり、動きがどことなく鈍くなってきます。

 

また疲れやすくなるので、ちょっと遊んだりしただけでも息切れがすることがあります。

 

脱毛も症状の一つなので、全体的に薄毛になってきます。

 

今までキレイなピンク色をしていたお腹や股の部分が黒ずんでくることもあります。

 

甲状腺機能低下症の原因は、遺伝性であるという事がわかっています。

 

安易な交配で甲状腺機能低下症になってしまうワンちゃんもいるという事を知っておいてください。

 

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌が低下している状態なので、治療には甲状腺ホルモン剤を投与していきます。

 

残念ながら甲状腺は自力では作ることができないので、生涯にわたり甲状腺ホルモン剤を投与し続けなくてはいけません。

 

薬を飲み始めて症状が改善されたからといっても完治したというわけではありません。

 

飼い主さんの勝手な判断で薬の投与を中止するようなことがないようにしてください。

 

先ほどもいいましたが、遺伝性の病気がある以上、子どもを産ませたらその子犬にも病気の遺伝子を受け継がせることになります。

 

甲状腺機能低下症以外にも遺伝性の病気がたくさんあります。

 

安易な交配がどれほど危険な事か、もう一度よ〜く考えてほしいと思います。