ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

角膜異栄養症

 

角膜異栄養症もミニチュアダックスがかかりやすい病気の一つです。

 

犬の病気辞典を見ると、目の角膜やその周りに白やグレーの物質が発生するとあります。

 

角膜異栄養症は角膜ジストロフィーとも呼ばれています。

 

他の犬種にもある病気ですが、ミニチュアダックスの場合は、進行が速いため失明する可能性も高いと言われている病気です。

 

角膜異栄養症の原因については、遺伝性のものがあるという事がわかっている以外は、これといってはっきりとした原因がわからないというのが現状です。

 

大切な家族の一員が、角膜異栄養症により失明してしまうのはとても心が痛みます。

 

こういう可哀そうなワンちゃんを増やさないためにも、安易な交配は絶対にしないでほしいと思います。

 

角膜異栄養症で失明した場合は普通の生活はできるものの、やはり見えない分、不安やストレスも多くなると思います。

 

家の中ではなるべく障害になるようなものを床に置かないなどの配慮をしてあげてください。

 

見えないとどうしても行動範囲もせまくなりがちですね。

 

お散歩の時は飼い主さんができるだけ近くに寄り添い、名前を呼びながら歩くようにしてください。

 

公園まで抱いて連れて行き、広い場所で一緒に歩くというのもいいかもしれません。

 

見えなくても慣れ親しんだ家の中ならなんとなく感覚で覚えているので、それほど不自由は感じないといいます。

 

しかし、初めて行く場所の場合は勝手がわからず戸惑ってしまうので、注意してあげてくださいね。