ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアは胴長のダックスがかかりやすい病気として知られていますね。

 

主な原因は腰や背骨に負担がかかるような激しい運動です。

 

肥満でも椎間板に負担がかかるので、椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

 

椎間板ヘルニアは人間にもある病気ですが、同じように傷みを伴う場合もあります。

 

ある日突然うずくまって動けなくなり、悲鳴に近い鳴き声をあげているので抱き上げようとしたら、痛がって飼い主さんに噛みついてしまうといったケースもあります。

 

痛みがそれほどひどくなくても、足を引きずって歩いたり、下半身がマヒしてしまう事もあります。

 

こうなってしまうと排泄も自力ではできないので、飼い主さんが排泄を促してあげないといけません。

 

特に胴長のダックスは背骨や腰に負担がかかりやすいので、日ごろの生活にも十分注意が必要です。

 

よく、ダックスとフリスビーで遊んでいる人がいますが、全力疾走でフリスビーを追いかけジャンプし、体をねじってフリスビーに飛びつくことがありますね。

 

椎間板ヘルニアの原因は、全力疾走や激しい運動、体をねじる、などがあるのでフリスビーやボールを投げてトッテコイの遊びをする時は十分注意してあげてください。

 

また、階段の上り下りも私たちが思っている以上にワンちゃんには負担がかかっているのです。

 

できれば飼い主さんが抱き上げて階段の上り下りをするといいですね。

 

老化も椎間板ヘルニアの原因の一つです。

 

ある程度の年齢になってきたら、ソファーへの上り下りも危険な場合ばあるので、スロープを作ってあげるなどの工夫をしましょう。

 

太らせないように食事や運動の管理も大切です。