ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

病気のサインを見逃さない

 

ワンちゃんはどこか具合が悪くても言葉を話せないので、注意深く見ていないとうっかり見落としてしまう事もあります。

 

・なんだか元気がない
・食欲がない
・下痢をしている
・熱っぽい
・鼻が長い時間乾いたまま
・目ヤニや鼻水が出ている

 

これらは全て病気のサインでもあるので、見逃さないようにしましょう。

 

ワンちゃんも人間と同じように夏バテをすることがあります。

 

室内にいても室内環境によって、熱中症になることもあるんですよ。

 

夏バテだから放っておけばそのうち食べるだろうとフードを置きっぱなしにしていませんか?

 

ドッグフードには脂分も多く含まれているので、夏場は傷むこともありますので、置き餌はしないようにしましょう。

 

食欲が低下しているのをそのままにせず、食欲がわくようにちょっとフードに一工夫加えてあげましょう。

 

毎日のスキンシップをとっていれば、ちょっとした体調の変化も見逃さずに確認できると思います。

 

ワンちゃんは本当に具合が悪い時はお腹を出して寝たりはしません。

 

うつ伏せで息も苦しそうにしていたら、本当にどこか具合が悪いというサインです。

 

病気だからといっても元気な事もあります。

 

でも必ずどこかにサインを出しているので、ちょっとした変化も見逃さないようにしましょう。

 

ウンチやおしっこにもサインがある場合もあります。

 

色、臭い、形などがいつもと違ったらそれがサインです。

 

常にワンちゃんのサインを見逃さないようにしてあげてくださいね。