ミニチュア・ダックスフンドの飼い方・しつけ方・寿命・価格

ミ二チュアダックスフンドの歴史

 

長い胴に短い足が特徴のミ二チュアダックスフンドは、スタンダードが主流でした。

 

ミニチュアをそのまま大きくしたような感じで、長い胴と短い足は同じです。

 

原産国はドイツで、12世紀ごろに誕生したと言われています。

 

一番最初はスムースのスタンダードダックスしかいませんでしたが、15世紀ごろになってスムースのダックスにスパニエルを掛け合わせてロングヘアードのダックスが誕生しました。

 

ご存じの方も多いと思いますが、ダックスフントはアナグマ狩りの猟犬としても活躍してきました。

 

しかし、小さい穴にアナグマが逃げ込んでしまうと、スタンダードではどうしてもアナグマを捕まえることが難しいということから、19世紀になって小さい穴にも入れるようにと改良され、ミ二チュアダックスフンドが誕生しました。

 

こうしてみるとミ二チュアダックスフンドの歴史は、まだ始まったばかりといえるのかもしれません。

 

ミ二チュアダックスフンドは、ウサギ狩りにも使われており、より小さいウサギの穴にも入れるようにと、改良されカニンヘンダックスが誕生しました。

 

カニンヘンダックスは、ミニチュアよりもさらに小型のダックスです。

 

ちなみに、カニンヘンというのはウサギを意味するドイツ語なので、名前の由来はウサギからきています。

 

スタンダード、ミニチュア、カニンヘンともに、長い胴と短い足、そしてクリクリとした目と明るく元気な性格が魅力です。